内視鏡検査について

当院の胃カメラ・大腸カメラについて

システムの特徴

①通常の光に加え、2つの特殊なレーザー光(LCI/BLI)と画像処理機能を使用することで通常光では発見しにくい早期病変も発見することができます。

②内視鏡用炭酸ガス送気装置(GW•100)使用

★1 消化器官腔内を観察するときに空気の代わりに生体吸収性に優れている炭酸ガスを送気することにより、検査中の患者さんの腹部膨満感からくる苦痛を緩和することが期待でき、よりスムーズで、安全な内視鏡検査をサポートします。

【佐世保初導入】内視鏡診断支援機能システム「CAD EYE™」

 大腸カメラにおいては、2022年1月より人工知能(AI)の技術を用いて、がんやポリープの検出、病変の鑑別を支援する内視鏡診断支援機能システム「CAD EYE™」を佐世保初導入しました。

この「 CAD EYE™ 」を使用することで、豊富な経験を持つ内視鏡専門医と人工知能(AI)のダブルチェックで、より正確な大腸内視鏡検査を行えるようになりました。

© 2022 医療法人社団平世会|村上医院|